Oライン脱毛の流れ

Oライン脱毛の施術手順と内容は?

Oライン脱毛の流れを説明

Oライン脱毛は、肛門周辺のアンダーヘアの脱毛です。ワキやひざといった脱毛方法と基本的には同じですが、女性のデリケートゾーンだけに「施術するスタイル」や「どういった流れで脱毛するの?」という不安もあるかもしれませんね。


カウンセリング

これは他の部位でも同じですが、まず脱毛サロンのスタッフとカウンセリングを行います。Oラインの場合は肛門周辺ということもあり、「全部脱毛するのか」「量を減らしたいのか」といったこともスタッフの人とじっくり話し合いましょう。


当日、脱毛サロンに行く前に

通常は脱毛サロンに行く前に自分でむだ毛を処理していきます。ただ、VIOライン、特にOラインは自分でむだ毛処理をするのが難しい場所です。脱毛サロンにもよりますが、衛生面の問題から「電気シェーバーを持参して下さい」と言われ、その持参したシェーバーでスタッフの人がOライン脱毛の前に剃ってくれるところが多いようです。


施術

脱毛サロンによって多少の違いはありますが、だいたいどこでも毎回体調を聞いたり、肌質を簡単に確認します。その後、ジェルを塗ります。Oライン脱毛で気になるのは「どういう格好でやるのか」だと思いますが、紙ショーツをはいて、スタッフがこのショーツをずらしながら施術する方法が一般的です。とはいえ場所が場所ですので見えにくかったり、逆にもっと施術しやすいようにと下着をつけずに行うところもあります。うつぶせ寝で下腹部にタオルなどをあてて少しお尻をあげる形にして、両足をある程度開いた状態で行います。ただこれも、毛の生えている箇所や量によって仰向けで膝をたてる格好になるときもあるかもしれません。
このあたりの事は初めてのVIOライン脱毛のときはかなり不安だとは思います。最初のカウンセリング時や、プランを聞く際などに各脱毛サロンの施術方法をよく聞いておくといいですね。


照射

フラッシュを照射します。よく言われるのは「VIO脱毛」は他の箇所に比べて痛いということです。痛みについては個人差があるので一概には言えませんが、確かに他の場所に比べると痛みを感じたという人がいるのは事実です。
それはデリケートゾーンが肌が敏感なことと共に色素沈着がある場合が多いこと、また毛の太さや量によっても違いますし、特に初回の施術は痛みがある人もいるようです。多分に気持ちの問題もあって、Oライン脱毛は他のボディパーツよりも緊張していたり、恥ずかしいということから痛みに対して敏感になることもあるでしょう。


冷却

ジェルを拭き取り、クールダウンします。
アフターケアをしっかりすることで、脱毛施術後の肌トラブルを回避することが出来ます。



>>Oライン脱毛を口コミとランキングで比較